求人探しもネットでという時代の幕開け

仕事内容は何か?

タブレットを使う女性

意外と勘違いしている人も多いんですが、インフラエンジニアというのは基本的にはマネジメントをする立場であることを覚えておいてください。よくインフラエンジニアの仕事内容をコーディングする人と思っている人がいますがそれは全然違います。コーディング作業自体は基本的にはプログラマーと呼ばれる職業の人の担当です。そして複数のプログラマーを操るのがずばりインフラエンジニアなわけです。そのためずっと椅子に座って仕事をするというよりも、クライアントやデザイナーとコミュニケーションを取ることの方が圧倒的に多いでしょう。プロジェクトによってインフラをどうするのかは都度変わりますので、プログラマーの人たちがスムーズに仕事ができるようにうまく設計図を作れるようになる必要があります。最初は必ずデザイナーの人と相談することになるので、どうやったらそのデザインを実現できるのかを、持っているプログラミング技術を駆使して考えていくわけです。最低限の知識は当然必要ですが、あとはセンスとコミュニケーション能力がインフラエンジニアには必ず必要になるでしょう。特にコミュニケーション能力に関してはインフラエンジニアとして仕事を進める以上は必須なので、あまり人と会話するのが苦手だという人は残念ながら向かない職業になってしまうかもしれません。また、意外と機材などを発注して持ち運ぶことも多いので、ある程度力持ちであることもすごくインフラエンジニアには需要となってきます。ハードルが高く感じるかもしれませんが、やりがいはどんな仕事よりもあるでしょう。