求人探しもネットでという時代の幕開け

大事なことといえば

ピンク色の携帯電話を持っている女性

いつまでも立派なインフラエンジニアであり続けるために、あなたには今からいうポイントを必ず意識しておいてほしいと思います。まず重要なのが高いコスト意識です。データ通信料がどんどん拡大するさなか、インフラコストの増加は今や避けることが難しい状態です。つまりインフラ自体が企業の競争力の源泉になることは間違いないと言えるでしょう。そんななかで収益構造を理解してどれくらいの予算でシステムに投資できるのかを提案できるインフラエンジニアの市場価値は間違いなく高くなります。まずは自分自身の業務コストが経営にどれほど影響を与えるのかを意識できるようにしてみてください。そしてもう一点インフラエンジニアを目指す人に考えてほしいのが、より幅広い知識を身につけるようにしてほしいということです。プログラミング技術はもはやインフラエンジニアとしては前提になるので、それ以外の知識も勉強することが真のインフラエンジニアになれる方法だと断言します。いかに担当するITインフラの役割を把握できるのか、サーバーやデータベースなどの垣根を超えてインフラ全体の最適化を図れるのかどうかがとても重要になってきます。ゼロベースで作っていく前に、いかにバランスよくいろんな方法を最適に組み合わせられるのかがプロとして必須になるでしょう。少しずつ自分の守備範囲を広げていけば、気づけば誰にでも尊敬されるような素晴らしいインフラエンジニアとして成長を遂げているはずです。